人気ブログランキング |

<   2013年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

第45回 日展 第5科

11月1日より東京・六本木の国立新美術館で日展が開催されます。


1日は開幕より午後4時ごろまで会場のどこかにおります。
                         
                                   大塚婉嬢
第45回 日展 第5科_d0325708_157798.jpg

by kurobaru | 2013-10-30 01:08 | Comments(0)

「ペンと小筆による美文字レッスン」

「ペンと小筆による美文字レッスン」_d0325708_10545039.jpg

ようやくテキストが完成しました。
特色●すぐに役立つ「お礼の一言」や「熨斗袋」の常用句が開きやすい巻末に掲載されています。
   ●初心者の方も無理なく楽しく学習でき、自然に美文字が習得できるようにプログラムが組まれていま  す。
   ●一冊の中にペン字と小筆書きの両方の手本が掲載されています。
櫻の森通信社 定価:本体1,200円(税別) 本文44ページ
樹蔭(じゅいん)黒原(くろばる)書道教室でも11月1日より販売いたします。
by kurobaru | 2013-10-24 11:06 | Comments(0)

樹蔭黒原書道教室‐熟成‐

槇乃家・波多野淳子さんの「ぬか床教室」に参加してきました。
ぬか床を一から作る方法をきちんと習ったのは初めてです。

ぬか床には新鮮なぬか、天然の塩、そして薬味。
漬けるものは新鮮な旬の野菜やこんにゃくなど。

最後は試食。いただいたものの中で驚かされたものはごぼうのぬか漬け。
ごぼうは1時間ほどゆでてからぬかに漬けたのだそうです。

そのなんともいえない奥行と品のある味わいは目をつぶって食べたらきっと「これはいったい何?」と思うことでしょう。波多野さんのお話の中に出てくる「伝統」、「熟成」、「味の決め手」などの言葉を、始終、書の世界に置き換えながら聞いてしまいました。

目標…ごぼうのぬか漬けのような味わいのある書作品。樹蔭黒原書道教室‐熟成‐_d0325708_19381743.jpg
by kurobaru | 2013-10-21 16:34 | Comments(0)

また行きたい。小倉(こくら)街歩き ‐ギャラりーやない‐

夕方、食事をしようと外に出て、以前立ち寄ったことのあるギャラリーに、ふと足が向きました。
小倉北区京町にある陶磁器を扱う「ギャラリーやない」。井筒屋のすぐ近くです。

オーナーさんの説明を聞きながらやきものを手に取ります。

買い付けに行ったときのエピソード、作家さんの話・・・
途中からメモをとりながら貴重なお話に聞き入りました。

気に入ったものを数点買い求めて、お店をあとにすると、外はうす暗くなっていました。
夕食はデパ地下のお弁当に変わりましたが、楽しい気持ちはしばらく続きそうです。
by kurobaru | 2013-10-15 21:03 | Comments(0)

樹蔭黒原書道教室-樹齢1000年-

樹蔭黒原書道教室-樹齢1000年-_d0325708_1292931.jpg

1000年の命。
仙人は別として、1000年、人は生きながらえることはできないのでしょうか。

いえいえ、私たちの体の中にはもっともっと長い記憶を持ったものが生き続けています。
そうすると私は私であって私だけでない、ということになりますね。

「この字を習いたい」と法帖を見て書の古典を学ぶとき、「その筆者に弟子入りしたのと同じだ」という言い方をすることがあります。

学びたい碑に出会えば、それが2000年前に書かれたものであっても、弟子入り可能なのです。
2000年前の師は弟子入り志願の者が「お願いします」と現れるとやおら蘇ります。

当たり前のことのように古典を習っています。2000年の時を越えて弟子入りしています。ですが、2000年前に碑に刻された文字の生命感を自分の力で再現させられるかというとそれは簡単なことではありません。
by kurobaru | 2013-10-08 12:44 | Comments(0)

「梅光100年のあゆみ」写真展

梅光学院下関開学100年記念行事の一環として写真展が開かれます。
と き:10月2日(水)~7日(月)
ところ:下関大丸7F
入場無料
「梅光100年のあゆみ」写真展_d0325708_1092973.jpg

by kurobaru | 2013-10-01 10:18 | Comments(0)