人気ブログランキング |

<   2014年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧

「よそ者の目」で見るわが街北九州の風景…小倉駅北口周辺

「よそ者の目」で見るわが街北九州の風景…小倉駅北口周辺_d0325708_11211211.jpg

私の住む小倉北区浅野は小倉駅北口から近く、駅北口を背に数分歩けば、海側に、絵になる工場の風景が広がっています。煙突からは水蒸気のクリーンな煙が出ています。最近は夜になると煙突がライトアップされ、海から見る工場地帯の夜景クルージングも人気のようです。

小倉駅北口は新幹線口とも言われています。
新幹線の改札口正面に「小倉駅エキナカ・ヒマワリプラザ」というのがあり、中で飲食もできるおいしいパン屋さん、お土産品店、コンビニ、書店、ドラッグストア、100円ショップなどが入っています。おすすめは、北九州発の、おいもとチーズが運命的に出会ってしまったおいもチーズケーキ、その名も「おいもっち」。想像を超えたおいしさです。

新幹線口を出て右へ、階段を下りるとベンチにアニメのキャラクターが腰かけています。
さらにキャラクターの立像、誘われるように、進んでいくと北九州市漫画ミュージアムへ。
実は私はその通路を通り過ぎるばかりで、漫画ミュージアムを紹介する資格がないのですが、ホームページで見てみてびっくりしたことがあります。

漫画ミュージアムの4コマ漫画コンテストで入賞の上位を占めているのが中国から応募された漫画だったのです!俄然興味がわきました。日本のアニメは世界中で人気で、日本のアニメを通して日本を知るツアーがあるほどです。先日、歴史的建造物の見学ツアーに参加したとき、門司の赤レンガのところでアニメのキャラクターになりきり、写真撮影会をしているところに遭遇しました。その恰好は、一瞬ちょっと引いてしまいますが、経済効果はそれなりにあると思います。工場のある風景とアニメのキャラクターの取り合わせも悪くないかもしれません。

小倉駅北口周辺はまだまだ可能性のあるエリアといえそうです。




by kurobaru | 2014-01-30 11:42 | Comments(0)

無題

来春、雪心会展連合個展に参加させていただくことになっています。
昨年の東京から北九州への転居も見据え(心の準備も含め)、一昨年に参加申し込みをさせていただきました。

昨年4月に北九州に転居し、まずは生活。
カルチャーセンターと自分の書道教室の運営、それに通年の展覧会出品作品の制作。
そうこうしているうちに、あっというまに新しい年を迎えました。

自分の書歴をふりかえったりもしています。
雪心会との出会い・・・。
運と縁としか言いようのないものがここまで私を導いてくれています。

作品の大体のイメージは出来上がっていますが、書き始めたらどんどん考えが変わるものと思います。
とにかく早く着手したいと思います。
個展終了後のことも考えつつ・・・。
by kurobaru | 2014-01-22 11:55 | Comments(0)

北九州の名建築「上野海運ビル」―Asa Cafe―

北九州の名建築「上野海運ビル」―Asa Cafe―_d0325708_11263089.jpg

一昨日のバスツアーで最初に見学したのが北九州市若松区にある築100年の「上野海運ビル」でした。
その中にあるカフェ「Asa Cafe」。

お店では見学のみでゆっくりお茶を飲んだりはできませんでしたが、何とも居心地のよさそうな空間。

磨滅しかけた階段を上りながら、自分が中国好きになった上海への旅を思い出していました。
1981年に初めて上海に行ったときに感じた「懐かしさ」。当時、上海には上野海運ビルのような雰囲気の建物がいくつもありました。

1910年代、20年代に建てられた洋館の感じが私は好きだったのだ・・・。
なぜだかわかりません。ただ懐かしい・・・。
by kurobaru | 2014-01-15 11:54 | Comments(0)

北九州のディテール展―近現代名建築がパワーをくれる―

北九州のディテール展―近現代名建築がパワーをくれる―_d0325708_213751100.jpg

バスツアー見学先:
黒崎市民ギャラリー「北九州のディテール展」。上野海運ビル。古河鉱業ビル。北九州市立美術館。北九州市立中央図書館。北九州国際会議場。門司赤煉瓦プレイス旧サッポロビール醸造棟。旧門司三井倶楽部。門司港レトロ展望室。

北九州のディテール展 北九州の近現代名建築ランチ・カフェ巡りバスツアーに参加しました。
名建築の数々の写真を見た後、北九州市内に残る名建築を専門家の説明を聞きながら見て回りました。

昨年、4度上京し、スターフライヤーを利用するたびに機内誌の北九州の建築物にスポットを当てた記事が何か気になっていました。まさか、数か月後に、その記事に登場する建築家さんや写真家さんにその建築物をご案内いただくことになるとは・・・。

北九州市立美術館、北九州市立中央図書館は若いころよく利用したところでした。
その頃は変な形の建物としか思っていなかったのですが・・・。

建築物にやどる明治、大正、昭和の人のパワー。
歴史の重み。
新しいものを生み出すためのたたかい。
心地の良いちょっとしゃれた空間。

楽しい1日でした。
by kurobaru | 2014-01-13 22:48 | Comments(0)

書‐私の張黒女‐

書‐私の張黒女‐_d0325708_23215075.jpg

写真が少し小さめで、しかも植物の陰になったりして見にくくて申し訳ないのですが、一番右と左から二番目の拙作は張黒女墓誌銘を発展させたものです。
会場内には張黒女の法帖も置いていて、ご興味のある方には見比べていただいています。
by kurobaru | 2014-01-03 23:32 | Comments(0)

樹蔭黒原‐第1回新春の小さな書道展‐

樹蔭黒原‐第1回新春の小さな書道展‐_d0325708_2248327.jpg
樹蔭黒原‐第1回新春の小さな書道展‐_d0325708_22504334.jpg

明けましておめでとうございます。
本日、「第1回新春の小さな書道展」が開幕いたしました。

ご近所の方でもうちの教室に入ってみるのは初めてという方もいらっしゃいました。
書道教室だと入りにくくても作品展示ならちょっと入って見てみようかと気軽さが後押ししてくれます。

子供を習字教室に通わせるのは抵抗がなくても、「書道」そのものは、まだまだそれほど身近なものではないのかなあと感じます。「『先生』でもまだ勉強しなくてはならないんですか」「作品ってお手本を見て書くものではないんですか」・・・

来場された方とお話させていただく中で、お伝えしたいことがたくさんあります。
明日、2日は11時から会場を開けております。
皆様のご来場をお待ちしております。

教室主宰 大塚婉嬢
by kurobaru | 2014-01-01 23:23 | Comments(0)