人気ブログランキング |

<   2015年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧

連合個展まであと2か月

先週1週間、インフルエンザで教室をお休みしました。
ご迷惑をおかけいたしました。

連合個展まで2か月を切りました。
新旧合わせて16点、手元の作品(写真)を見ながらまあまあ自分らしさが出ているかなあと思っています。

連合個展まであと2か月_d0325708_9312313.jpg


初めに出来上がった張玄(張黒女)墓誌銘の臨書。集中力をもっとも要した作品でした。
書き上げた時、「満点ではないけれど、もうこれ以上書けない」と思いました。

2か月後、表装と、奈良県文化会館の会場の力を借り、第50回雪心会書作展の歴史の重みと会のパワーをしっかり身にまとい、見知らぬ作品となって再会できることを期待しています。
by kurobaru | 2015-01-26 10:26 | Comments(0)

生前整理

今日、荷物整理の業者さんに実家の使わないものを持って行っていただきました。
2階の部屋は43年前にこの家を新築した時のように何もない空間になりました。

うろ覚えですが、43年前、新しい家は木の匂いがし、初めてベッドを買ってもらい、中2の私はベッドに寝っころがってラジオを聞いていることが幸せだった・・・ような気がします。

昨年12月、「2階の荷物と書棚とタンス、そして着なくなった自分の衣類を整理することにした」と母が突然言い出し、年末に業者さんに見積もりに来てもらいました。
それから本格的に整理を始めると、築43年の家には家族の歴史と私の知らない昭和20年代からの歴史を物語るものが次から次と出てきました。

荷物整理の業者さんは実は遺品整理を主にやっているところ。見積もりに来られた時、営業の方の名刺を見て母も私もびっくり。ですがこの頃は元気なうちに荷物整理をする方も多いそうです。
生前整理_d0325708_20273449.jpg

by kurobaru | 2015-01-13 15:40 | Comments(0)

樹蔭黒原書道教室

樹蔭黒原書道教室_d0325708_2295151.jpg

昨日、新春の小さな書道展が終了いたしました。
ご来場くださった皆様、誠に有難うございました。

本日から普段のお稽古が始まりましたが、午前中お稽古にお見えになる方にも作品を見ていただこうと、展示の片付けは今日の午後に延ばしました。

壁に掛けていた作品をおろし、ちょうど机を移動しているときに、外で教室の中をのぞいていらっしゃる方がおられました。存じ上げない方でしたが興味ありげにしていらっしゃるのでお声をおかけすると、ふだんは、道の向こう側を歩くのだけれど、今日はたまたま道のこちら側を歩いて、この先にあるお店に買い物に行くところとか。「ここは何ですか」とおっしゃるので、ここは、書道教室で、先ほどまで、作品を展示していたのですが、ちょうど今、片付けてしまったのですよ、とお答えすると残念そうになさっておられました。それから少しして母の友達が教室をのぞかれましたが、やはり時すでに遅しでした。

樹蔭黒原書道教室はオープンして2年目、教室の存在も新春書道展のことも知ってくださっている方はまだまだほんのわずかです。ですが教室設立の志を貫き、いつの日か、もっともっとたくさんの方に教室を知っていただける日がくるようにと願っています。

教室は普段の机の配置に戻りましたが、お祝いにいただいたお花が書道展の気持ちの高揚を保ってくれています。
by kurobaru | 2015-01-06 22:50 | Comments(0)

樹蔭黒原小さな書道展

樹蔭黒原小さな書道展_d0325708_10101281.jpg


教室の入り口近くに硬筆作品と拙作3点を展示しています。

軸作品は昨年7月に福岡アジア美術館に展示されたものです。この作品に対する自分自身の評価は書いた時と今とでは全く違っています。

新春の小さな書道展は5日(月)午後4時までです。
by kurobaru | 2015-01-04 10:21 | Comments(0)

樹蔭黒原小さな書道展

樹蔭黒原小さな書道展_d0325708_9351375.jpg


昨年9月から子供クラスがスタートしました。
教室に入ってまだ2か月という生徒もいますが全員の作品を展示しています。
夏休み、春休みだけ千葉から参加しているYちゃんの作品も飾っています。
硬筆作品はこの壁面の反対側に展示しています。

お近くの方はぜひお立ち寄りください。

1月5日(月)-午前11時から午後4時-までです。
by kurobaru | 2015-01-03 09:41 | Comments(0)

私はUターン、夫はIターン

私はUターン、夫はIターン_d0325708_10591479.jpg


2015年1月1日、明けましておめでとうございます。

母のおせち、特に鱈の味付け、濃すぎず、薄すぎず、たいへんおいしくいただきました。

「大みそかは一人でゆっくり過ごしたい」・・・・数日前の母からの思いがけない一言でした。
ですがその一言をはっきり言えたことが母にとってなんとも気分をすっきりさせたようで、昨日の夕方は私におせちを持たせた後、「6時からお風呂に入って、そのあと、ゆっくり一人でテレビを見ながら、カニを食べる・・・」ルンルンのご様子でした。こちらは複雑な気持ちでしたが母の心はすでに「おひとり様」を楽しむモードに入っていました。

実家から徒歩3分の帰り道、いろいろな思いが巡りました。
一人暮らしが不安でさびしい・・・お母さん、さびしいんじゃなかったの?!私、大好きな仕事辞めてお母さんのためにこっちに帰って来たんだけど。その他いろいろ、楽しかった東京暮らしのことを考えていました。

家に帰りつき、夫に「お母さん、大みそかだけじゃなくて元旦も一人がいいんだって」というと、「俺たちが近くにいるから、安心なんだろう。俺たちが東京にいて帰省したのだったら『一緒にお正月を過ごせるのが嬉しい』と言っているよ。・・・俺もゆっくりできていい。」

気を遣っているのは夫も同じこと。
母と私たちの急速に距離を縮めた関係も1年半が過ぎ、徐々にそのつきあい方も変わっていきそうです。
by kurobaru | 2015-01-01 11:56 | Comments(0)