人気ブログランキング |

<   2015年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

聊娯―楽しむこと

聊娯―楽しむこと_d0325708_14151910.jpg


小さな掛け軸です。母の家に飾ることにしました。
                                                        大塚婉嬢
by kurobaru | 2015-04-27 14:18 | Comments(0)

『新書鑑』誌友の方からのご質問につきまして③

『新書鑑』誌友の方からのご質問につきまして③_d0325708_9463658.jpg

                                                『大塚婉嬢作品展』図録より
 
《臨書につきまして》

臨書についてのお悩みを吐露される方も複数いらっしゃいました。
「原帖と範書が似ているように見えないがどちらを真似たらよいかわからない」

私も以前そういう疑問を持っていましたが今は悩まなくなりましたので私の思うところをお話しさせていただきます。人から聞いたこと、本で読んだこと、自分で感じたことが混ざっておりますことを予めお断りしておきます。

同じ原帖からスタートしても、書く人が異なれば様々な臨書がなされます。
書き手の原帖に対する迫り方の深浅、書き手の運筆力の巧拙もありますし、意臨、形臨という分け方もありますが、いわゆる学書経験の長い方の書かれる臨書について申し上げます。

臨書する人が異なれば、受け取る側の「眼」が異なり、その人の動かす「手」が異なります。動かす「手」は書き手の長年の修練の結果身についたもので線質を形成し、その方の「風」につながっています。
どのように形臨したとしても書く側の「解釈」と「風」が異なれば、出来上がったものはそれぞれ異なります。またすでに自分の「風」をお持ちの方は、自分の「風」の中に臨書する古典の特徴を取り込むという方法で臨書される方もおられます。

原帖への迫り方は様々です。範書が似ていないと感じたときは似ているところと似ていないところを一つ一つ確認されればよいと思います。そこには臨書から創作へのヒントも隠されています。

大塚婉嬢
by kurobaru | 2015-04-24 10:34 | Comments(0)

『新書鑑』誌友の方からのご質問につきまして②

『新書鑑』誌友の方からのご質問につきまして②_d0325708_11403963.jpg


《石刻のように見える線の書き方につきまして》
張玄墓誌銘風の作品を書き始めてしばらくしたころから拙作の線について石に彫ったように見えるといわれるようになりました。本人は全くそのようなことを意識していませんでしたので「へー」と思いました。またどのようにすればそのように書けるのかというご質問もいただくようになりました。今回の連合個展会場におきましても同様のご感想とご質問をいただきました。

おそらく起筆を逆筆で入れることが石が欠けたように見えることにつながっていると思います。
逆筆で筆を入れ、一旦筆を突き当てると一つの点画全体に力がこもりやすくなります。
逆筆の入れ始めが書こうとする線の真ん中近くになっているのも、欠けたように見える線につながっているかもしれません。

収筆を切ったように止めたりはらったりするのも石刻のように見えるのにつながっていると思います。
米芾や書譜を習った方は自然に習得していると思います。

大塚婉嬢
by kurobaru | 2015-04-14 12:14 | Comments(0)

改組 新 第1回日展福岡展

改組 新 第1回日展福岡展_d0325708_22444788.jpg

                                               《赤坂のお花屋さんの店頭で》


第1回日展福岡展、福岡市美術館にて開催中です。
洋画、日本画の展示会場入り口を入ると右手に売店があり、拙作(書作品)の写真も売られていています。
4月19日まで開催しています。

大塚婉嬢
by kurobaru | 2015-04-11 22:59 | Comments(0)

リビング北九州「中国語講座」受講生募集中!

はじめてのトラベル中国語、ふるってご参加ください!
リビング北九州「中国語講座」受講生募集中!_d0325708_1294584.jpg

by kurobaru | 2015-04-08 12:12 | Comments(0)