人気ブログランキング |

<   2016年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

樹蔭黒原-タイトル文字

樹蔭黒原-タイトル文字_d0325708_16251448.jpg

昨秋、東京浅草の厳念寺さまにお納めした筆文字が、形になって数日前に届きました。

東京にいたころは直接の知り合いから、たまにこうしたご依頼をいただいたこともありましたが、北九州に移ってからは初めてのお仕事でした。

不思議なご縁から頂いたお仕事で、ご住職とは、昨年夏の上野の森美術館での雪心会選抜展の折に初めてお目にかかりました。暑い暑いころでした。

張黒女墓誌銘の気分が入っている「厳念寺だより」です。
by kurobaru | 2016-02-14 16:54 | Comments(0)

樹蔭黒原-書におけるハイブリッド

樹蔭黒原-書におけるハイブリッド_d0325708_941395.jpg

社中展に出品する作品の方向性がやっと決まりました。

サイズは「6尺×2.6尺で横物」と会の方から指定されています。

書体は「楷書」と決めて取り掛かりました。
問題は字数と書風。字数によって一字のサイズが決まります。
一字のサイズと自分の筆力、書風の引き出しと習熟度合い。
爨龍顔風、欧陽詢風、孟敬訓墓誌銘風……いずれもうまくいかず、なんとか行き着いたのが、字形は欧陽詢で風は褚遂良の雁塔聖教序です。

字形と線質で一番手に入っているのは欧陽詢、ですが、与えられた方形にその線質でいくと息苦しい、線質だけを変えてやや強弱をつけて・・・とやっていると褚遂良風になってきました。当然のことながら潤滑もつけやすく、作品化するうえでの要素も満たされていきます。

欧陽詢と褚遂良とのハイブリッドはよくよく考えるとずっと前から挑戦してみたいと考えていた風でした。
写真は何年も前に半紙に九成宮を臨書しながら褚遂良が入ってきたものをずっと捨てられずにとっておいたものです。張即之の強弱も入れてみよう・・・。

それぞれの特徴をどのあたりまで入れると程よいのかを探っていく作業・・・新たな目標が定まりました。
by kurobaru | 2016-02-12 10:27 | Comments(0)

リビング福岡・リビング北九州の筆ペン&ペン字講座

リビング福岡・リビング北九州の筆ペン&ペン字講座_d0325708_21253768.jpg

リビング福岡さんとリビング北九州さん主催の筆ペン&ペン字講座を担当させていただきます。

筆ペンで熨斗袋に「御祝」「入学御祝」「卒業御祝」などの字とご自分の名字、一言メッセージを練習していただきます。

熨斗袋に自分の名前を書くとき、だれもが自分の名字は書きにくいと感じるようです。
私もその一人です。ですが熨斗袋に他人の名字を書くわけにはいきません。
少しでも形よく書けるようにご一緒に練習いたしましょう。

福岡・天神クラスの昼の部は残席わずかとなりました。
ご参加をお待ちしております。
by kurobaru | 2016-02-06 21:08 | Comments(0)