人気ブログランキング |

<   2016年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

雪心会選抜展終了いたしました。

雪心会選抜展終了いたしました。_d0325708_17245691.jpg

雪心会選抜展にご来場、誠に有難うございました。

昨日一昨日と上野の森美術館での雪心会選抜展会場に行っておりました。
一昨日は、用事で急遽、11時半ごろ、外に出ることになり、せっかくおいでくださった方をお迎えすることができず、大変失礼いたしました。

昨年の選抜展が終了した時点で、来年はかっちりした楷書を書こうと決めておりました。

最後に見に来てくださった知人の拙作への評:「字が美人」
その前に評してくださった方曰く:「この作品の前に立っても気持ちが安らがない。作品というのは何かほっとするものがなくてはね」

それでも選抜展では楷書にこだわろうと思います。
by kurobaru | 2016-08-31 17:50 | Comments(0)

二宮奇龍書作展

二宮奇龍書作展_d0325708_11836100.jpg

昨日より、銀座清月堂画廊2階で二宮奇龍先生の書作展が始まりました。28日までです。
ぜひ、お立ち寄りください。
by kurobaru | 2016-08-24 11:09 | Comments(0)

中国語と餃子づくり

中国語と餃子づくり_d0325708_20424554.jpg


我が家では月に一度は餃子を作ります。
皮は粉をこね、麺棒で伸ばして作ります。
300gの小麦粉で40個の餃子ができます。
今日は、豚のひき肉200gにキャベツ4分の1、ニラ2分の1把で具を作りました。
分量は大体のところです。

もともと、実家ではよく餃子を作っていましたので包むのは子供のころから母の真似をしながらやっていました。市販の皮が出回る前は、母が皮も作っていましたが、昔は小麦粉がよくなかったせいか、小麦粉は嫌なにおいだったという記憶があります。

中国人にならって皮から作る餃子を覚えたのは中国語を始めてからです。
35年前、私が参加していた北九州の中国語学習会では年に2,3回、留学生や帰国者の方たちと一緒に餃子を作って食べる機会がありました。餃子を作りながら日本語と中国語でおしゃべりをし、そこで教科書には載っていない表現を覚え、それは身になる生きた学習の場でありました。

いつのまにか我が家流の作り方も定まり、手作り餃子は目をつぶってでもできる、一番手軽にできる料理となりましたが、中国語の方は、なかなかそうはいきません。
by kurobaru | 2016-08-16 20:39 | Comments(0)

第41回雪心会選抜書作展 

第41回雪心会選抜書作展 _d0325708_9544843.jpg


雪心会選抜書作展が開催されます。
(例年よりも1か月遅れの開催となります)。
ぜひご来場ください。

第41回雪心会選抜書作展
特別展示:今井凌雪小品展
会期:8月27日(土)~31日(水) 10:00~17:00 ※31日は15:00まで
会場:上野の森美術館
入場料:500円
主催:雪心会



by kurobaru | 2016-08-16 10:09 | Comments(0)