人気ブログランキング |

<   2017年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

小倉北区室町ギャラリーカフェ『銀の時計』での小品展その2

小倉北区室町ギャラリーカフェ『銀の時計』での小品展その2_d0325708_09545188.jpg



「華の時を刻む書」小品展の準備、楽しく進めています。

初めは年頭に書いたはがき大のものを淡々と飾る予定でしたが
秋の個展につなげることを考えると
やはり刻々と変化している最新の自分を投影した作品にしようと
欲が出てきました。

杉田久女さんの俳句
中島直四郎先生の俳句
花を詠みこんだ詩句

わずか6点の小品たちではありますが
少しも気をぬくことができません。

表装の仕上がりが
5月17日のものもあります。

展示のことは
すべての作品の仕上がりを待って
考えることにして

今は
私がお客様と直接お話しできないときに
活字を通して
対話させていただける資料作りの作業を
進めているところです。




by kurobaru | 2017-04-27 10:03 | Comments(0)

小倉北区室町・ギャラリーカフェ『銀の時計』での小品展その1




小倉北区室町・ギャラリーカフェ『銀の時計』での小品展その1_d0325708_09522072.jpg
5月23日(火)から6月3日(土)まで
小倉北区室町のギャラリーカフェ『銀の時計』さんで
小品展を開きます。
リバーウォーク前の広い通りから
リバーウォークを背にして
細い通りを少し入ったところに
画廊喫茶の看板がかかっています。

書品展のタイトルを
「華の時を刻む」とつけました。
華という字は
十という漢字が6つと一という漢字からなっています。
10×6+1=61
数え年の61歳を華甲といいます。

昨年あたりから
どういうわけか
書に対する気持ちの変化が出てきました。

否、
どういう拍子か
書く字が変わったことで気持ちに変化が生じたのかもしれません。
とにかく「何にも挑戦モード」に入っています。

一番大きな作品で半紙大、5,6点の展示です。

大塚婉嬢

小倉北区室町・ギャラリーカフェ『銀の時計』での小品展その1_d0325708_09522072.jpg


by kurobaru | 2017-04-07 11:01 | Comments(0)