人気ブログランキング |

<   2018年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧

久女を書く‐その6‐

久女を書く‐その6‐_d0325708_21522197.jpg

北九州文学サロンでの
「大塚婉嬢小品展 俳句と散文 杉田久女を書く」
明日、1月31日(水)が最終日となります。

仕事のため、明日は会場でお客様をお迎えできません。
申し訳ございません。
ご意見ご感想などございましたら
会場に準備しております用紙にご記入の上、
作品のコピーを貼った箱にお入れください。

昨日会場においでくださった方が記入して下さった内容を見て
びっくりしたことがあります。

「私は杉田宇内先生から数代のちの小倉高校の美術の先生、
吉松先生に習った、その先生は中津から通われていた」
とありました。

吉松先生、中津……びっくりいたしました!
私が30数年前、
朝日カルチャーセンターで水墨画を教えていただいた先生に間違いありません。

実は7,8か月しか習うことができなかったのですが
とても印象に残っています。











by kurobaru | 2018-01-30 22:23 | Comments(0)

久女を書く-その5-

久女を書く-その5-_d0325708_00533206.jpg

谺して山ほととぎすほしいまま
この作品を会場入り口の看板ポスターとして使っています。
会場の中から通りを見ていると
看板の前で足を止めて見てくださる方は
結構いらっしゃいます。

昨日は北九州もこの冬一番の寒さでした。
午前中に2月末締め切りの大きな作品を書き、
また午後は仕事でしたので
私は会場には行けず、昨日の来場者の様子はわかりませんでしたが
この寒さではおそらく外出を控える方が多く
京町の通りも閑散としていたことでしょう。

ところで今回の書展では
次のステップとして発展的な提案をして下さる方が
出てきました。
書展が私ひとりのアイデアだけでスタートするのではなく
複数の方の大切なものとして動き始めることになれば
大きな力となります。

次の書展のイメージが少しずつですが湧きつつあります。





by kurobaru | 2018-01-25 01:13 | Comments(0)

久女を書く-その4-

久女を書く-その4-_d0325708_21344347.jpg

今日は、
久女・多佳子の会が主催する久女忌に参加した後、
北九州文学サロンに向かいました。
久女忌の席でも書展のご案内をさせていただいたので、
列席された俳句関係の方も書展へ足を運んでくださいました

昨日は
青春座の舞台で杉田久女を演じられた
吉嶺さんからお花を頂戴しました。



by kurobaru | 2018-01-21 21:44 | Comments(0)

杉田久女を書く-その3-

杉田久女を書く-その3-_d0325708_22521733.jpg

本日、北九州サロンでの
「大塚婉嬢小品展 俳句と散文 杉田久女を書く」
が開幕いたしました。

午後1時からの予定でしたが
昨日展示を済ませ、午前11時から
開場することとなりました。

句を話題にご来場者くださった方との対話ができたことは
とても楽しいことでした。
漢詩作品を書いた時とは
ちがって、「わからない」という言葉は
殆ど聞かれませんでした。

調和体とはこういう世界だったのかと
目からうろこが落ちる思いでした。

もちろん
久女さんの素敵な俳句があってこそですが
書作品を通して俳句に親しむ…
私にそんなお手伝いができるとは。

「どんどん俳句を書いて俳句を広めてください」
中島先生からいただいた言葉です。
「はい、書かせていただきます」

明日は圓通寺で久女さんを偲びます。
文学サロンへは午後参ります。




by kurobaru | 2018-01-20 23:17 | Comments(0)

杉田久女を書く-その2-

杉田久女を書く-その2-_d0325708_21300402.jpg
                      蝶追うて春山深く迷ひけり

作品の搬入日が1日早くなりましたので、
20日(土)は11時の開館と同時に
ご入場いただけることになりました。
本日1月16日、
小倉城庭園内の資料室に
久女さんと多佳子さんのコーナーが
開設されました。
小倉城庭園の展示をご覧になった後、
ぜひ、北九州文学サロン(京町1丁目)にもお立ち寄りください。
                         大塚婉嬢



by kurobaru | 2018-01-16 21:40 | Comments(0)

大塚婉嬢小品展 杉田久女を書くー北九州文学サロンにてーその1

大塚婉嬢小品展 杉田久女を書くー北九州文学サロンにてーその1_d0325708_22435355.jpg

1月20日より31日まで
北九州文学サロンにて
「大塚婉嬢小品展 杉田久女を書く」
を開催いたします。

北九州文学サロンは
小倉北区京町1丁目にあります。

開館してまだ1年たっておらず
知らない方も多い場所ですが
昔、「若竹」があった通りにあります、というと
みなさんすぐに「あーあー」とわかってくださいます。

「谺して山時鳥ほしいまま」を書いたのは
今回で3回目。
ようやく句のイメージに近づいた表現に
なってきました。
案内葉書やポスターにも
この作品を入れました。

1月21日は久女忌です。



by kurobaru | 2018-01-08 22:57 | Comments(0)

第5回新春の小さな書道展


第5回新春の小さな書道展_d0325708_22115642.jpg


第5回新春の小さな書道展_d0325708_21583681.jpg

第5回新春の小さな書道展_d0325708_22030701.jpg

第5回新春の小さな書道展_d0325708_22000767.jpg

第5回新春の小さな書道展_d0325708_21592969.jpg

第5回新春の小さな書道展_d0325708_09251310.jpg


樹蔭黒原書道教室の
「新春の小さな書道展」も
今年で第5回目となりました。
今年も大人クラスの作品展示といたしました。

早い方は昨年9月ごろから作品制作に取り組み
早々に仕上げた方が昨年よりも多かった印象があります。

今回は葉書サイズの作品が多くなり
また注文した額も同じものとなってしまったので
形式的に変化に乏しくなってしまったのが少々残念でした。
ですが
それは私のプロデュースの問題で
生徒さんの責任ではありません。

作品展示には2つの面があります。
生徒さん自身の
日頃の学習成果としての面、
そして
会場全体の展示効果の面。

来年は私自身がこの二つの面をしっかりと押さえて
取り組まなければと思います。

展示は
明日、5日(13:30~17:30)までです。









by kurobaru | 2018-01-04 22:39 | Comments(0)