人気ブログランキング |

<   2018年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧

リビング北九州「ひらがな美文字レッスン」

リビング北九州「ひらがな美文字レッスン」_d0325708_09524662.jpg
4月24日(火)10:30~12:30
リビング北九州の講座
よく使う〝ひらがな〟をマスター!
「ひらがな美文字レッスン」

が開催されます。
今回は「ひらがな」にポイントをおいた講座です。

「おめでとう」
「ありがとう」
「よろしく」
「ございます」など

大切なのは書き出しの位置。
そんなことが関係あるの?と思われるかもしれませんが
実は大いに関係があります!

縦書きも横書きも練習します。
ふるってご参加ください!




by kurobaru | 2018-03-31 10:26 | Comments(0)

桜いろいろ



桜いろいろ_d0325708_23181412.jpg
紫川のほとりの桜。

桜いろいろ_d0325708_23195764.jpg
紫川にかかる勝山(かつやま)橋から常盤橋を見る。

桜いろいろ_d0325708_23204944.jpg

小倉北区室町・ギャラリーカフェ「銀の時計」で
杉田久女さんの桜の句を書いた書作品2点を
展示中です。

桜いろいろ_d0325708_23165097.jpg
我が家近くの桜。台所の窓から見えるこの景色、気に入っています。



by kurobaru | 2018-03-28 23:33 | Comments(0)

第53回雪心会書作展終了しました

第53回雪心会書作展終了しました_d0325708_11424382.jpg
第53回雪心会書作展終了しました_d0325708_11431330.jpg
第53回雪心会書作展終了しました_d0325708_10225321.jpg
第53回雪心会書作展が一昨日終了いたしました。

私は2×8尺サイズの楷書作品を出品いたしました。落款はあまりうまくいかなかったのですが本文はまあまあ書けたかなあと思ってこの1枚にいたしました。

2階はFクラス出品者の小品展示でした。それぞれ日頃の鍛錬の成果を小さな世界に表現していて、見ていて楽しい展示だと感じました。

雪心会での次回の作品発表は8月、上野の森美術館での選抜展です。
今年は8月3日~7日の開催となっています。


by kurobaru | 2018-03-27 11:59 | Comments(0)

小倉室町・銀の時計 桜の書作品でお花見はいかがですか

小倉室町・銀の時計 桜の書作品でお花見はいかがですか_d0325708_13133016.jpg


小倉室町・銀の時計 桜の書作品でお花見はいかがですか_d0325708_13140648.jpg
小倉北区室町の画廊喫茶「銀の時計」さんで
久女さんの俳句
「花衣ぬぐやまつはる紐いろいろ」と
「風に落つ楊貴妃桜房のまま」
の2作品を桜の開花に合わせて
飾っていただいています。

2点はそれぞれ別々の機会に
制作、展示したものです。

今回はこの2点を並べて飾っています。

色が合うようにと表装したわけではありませんが
よく合っているように思います。

ママさん自慢の手作りハンバーグを召し上がりながら
書作品でお花見はいかがですか。

「銀の時計」さんは
日・月曜日が定休日です。




by kurobaru | 2018-03-23 13:35 | Comments(0)

久女の句ー風に落つ楊貴妃桜房のままー

久女の句ー風に落つ楊貴妃桜房のままー_d0325708_19073806.jpg

桜の花があちこちで開き始めました。
例年よりも早めの開花のようです。
ですが
早咲きの桜はもう満開。
今日は小倉北区室町・常盤橋の近くの桜を眺めてきました。
葉の緑もきれいでした。







by kurobaru | 2018-03-17 19:23 | Comments(0)

卒寿の母の頑張り

卒寿の母の頑張り_d0325708_23155254.jpg
母がインフルエンザにかかりました。
土曜日から具合が悪くなり、日曜日は一日家で休んでいたようでした。
そして月曜朝に病院に行ってインフルエンザと診断されたとのことです。
お薬を飲み始めて5日目の今日はかなりに回復し
食べたいものも次から次と浮かんでくるようで
ひと安心です。

ちなみに写真は近影ではありません。





by kurobaru | 2018-03-09 23:34 | Comments(0)

第53回雪心会書作展



第53回雪心会書作展_d0325708_09591634.jpg

第53回雪心会書作展_d0325708_10225321.jpg



3月になりました。3月21日から雪心会展が始まります。

今年から全作品に釈文がつけられることになりました。

造形的に興味深い金文はとくに「これは何という字?」という疑問が湧いてきます。わきに貼られた釈文がその疑問に答えてくれることでしょう。私自身も知らない字がたくさんありますので釈文を頼りに文字の源をたずねることができるのを楽しみにしています。

新企画
として2階で会員の小品の展示もあります。
私は杜牧の詩句

千里 鶯啼きて 緑 紅に映ず
水村山郭 酒旗の風

を出品いたします。

ご来場をお待ちしております。

第53回雪心会書作展
●特別展示
今井凌雪と交流のあった中国名家の書画作品
●雪心・新書鑑書道展 
会期:3月21日(水)~25日(日)午前10時~午後5時※最終日4時まで
会場:奈良県文化会館



by kurobaru | 2018-03-01 10:30 | Comments(0)